お知らせ

2020-10-29 17:00:00

12月の予定を「カレンダー」と「プラン一覧」にアップいたしました。「モンベル フレンドショップ主催のイベント」からもご覧いただけます。

紅葉真っ盛りのこの時期は最も山歩きに適した季節。歩き方や地図読みの知識を身につけて、美しい低山のトレッキングを楽しみましょう!

線1.jpg

昨日はブンゲンへ紅葉の様子を見に行ってきました。曇り空で写真日和というわけにはいきませんでしたが山頂付近は今が見ごろ。3週間前はまだまだでしたが、きっちりと季節は進んでいるようです。

やはり湖北の紅葉は雪国らしく素晴らしいですね。故郷の東北の山々はどんな感じになってるかな?

PA280012_500.jpg


PA280023_500.jpg

2020-10-25 21:07:00

DSCF1477_500.jpg

3名様にご参加いただき、「山歩き入門 八幡山」を開催いたしました。

百々神社から日牟禮八幡宮まで縦走しながら、登山装備の使い方や登山の注意点など様々なことをレクチャーしました。

水郷と琵琶湖の眺めをどちらも楽しめる素晴らしいコースですが、まったく初めての方にはちょっときついかもしれません。次回はもう少し短めの設定にするべきか要検討。

帰る途中で比叡山に沈む夕日が見事だったので野洲川堤防に寄り道。今日は一日最高の天気でした!

DSC_0062_500.jpg
水郷の景観

PA250002_500.jpg
琵琶湖と比良山地

DSC_0063_500.jpg
後光さす比叡山

2020-10-24 20:32:00

DSC_0099_500.jpg

2名様にご参加いただき、「初級トレッキング 比叡山」を開催いたしました。

前日の大雨が上がって今日は予報どおりの良い天気。琵琶湖対岸は鈴鹿の山並みまできれいに見渡すことができました。

今回の設定は私のお気に入り、悲田坂と無動寺坂を巡るやや長めの周回コース。たくさんのお地蔵さまや巨木に迎えられながら、いつも通りの静かな山歩きをご案内しました。

本坂や雲母坂では味わえない、比叡山の魅力満載のこのコースは来年も引き続き開催いたします。どうぞお楽しみに!

DSC_0072_500.jpg
悲田坂

DSC_0083_500.jpg
阿弥陀堂

2020-10-16 07:24:00

メールマガジン第2号を配信いたしました。今週下見で歩いた逢坂山~大文字山の縦走と養老山地南端の縦走を簡単にご紹介しています。次回配信までにご登録いただいた方には第2号よりお届けいたします!

さて、今週はたいへんお天気が良く5日間連続で下見登山へ行っておりました。おかげでウェブサイトの更新が全く進みませんでしたが、今日はさすがに骨休めの在宅仕事。

【今週歩いたところ】

・奥余野森林公園~油日岳周回(三重県)
・逢坂山~長等山~如意ヶ岳~大文字山(滋賀県~京都府)
・津屋登山口~養老山~養老公園~東海自然歩道(岐阜県)
・石津御嶽~多度山(岐阜県~三重県)
・荒谷~日野山(福井県)

2日間かけて養老山周辺をいろいろと見て回りました。石津御嶽から多度山までの稜線は眺めが抜群で、ぜひ天気が良いときに訪れていただきたいおすすめコース。来年は多度山で講習登山を開催したいと考え中です。

PA140010_500.jpg
養老山地から木曽三川を一望


日野山(794m)は北陸道を走っているといつも気になる存在感のある山。今回は北側の荒谷コースを往復しました。紅葉の見頃はもうちょっと先ですかね~。

DSC_0101_500.jpg
山頂直下から越前市方面の眺め

2020-10-08 18:09:00

DSC_0071_500.jpg

今週は高島市の大谷山(814m)と、岐阜県境のブンゲン(射能山・1260m)へ下見登山に行ってきました。

大谷山は石庭から眺望コースを上がり、寒風を通って西山林道へ下りて緑が池まで。良い感じに晴れ、山頂のすすき野原も強い風に大きく揺れながら輝いておりました。こういうシーンを動画で撮っておくとインスタ向けなんだろうな~。

・・・と、帰ってから思いついたのでした!(-Д-)

<石庭~大谷山~寒風~緑が池>
【技術度】初級
【体力度】3
  歩行距離:約8km 、累積標高差:約900m

DSC_0076_500.jpg

線1.jpg

次の日はどんより曇り空のもと、ブンゲンから虎子山へと続く長い尾根歩きへ。滋賀県側だと登山口と下山口の移動が大変なので、今回は岐阜県側から自転車を使った周回コース。体力と地図読みに自信があり野生動物への対策完備の方限定ですね。

品又林道をしばらく入ったところに自転車を置き、東谷を遡って日越峠へ。辛うじて昔の峠道は残っているものの標高850mあたりから950mあたりまではよく分からず。沢もあちこち分岐して、間違えるとややこしいことになるので要注意。

日越峠からブンゲン・虎子山を通って国見峠まではほぼ刈払いされていますが、もし刈払いされていなければまさに地獄としか言いようのないヤブ山に違いありません。奥伊吹スキー場上1226m標高点の東側300mほどの区間のみ要ヤブ漕ぎ。

出発が遅くなってしまい久しぶりのヘッデン歩きになるかと覚悟していましたが、意外に早く下山完了。紅葉はまだまだこれからですが、風の冷たさに秋の深まりを感じる1日でした。

<品又林道~日越峠~ブンゲン~虎子山~国見岳スキー場下>
【技術度】中級-
【体力度】4
  歩行距離:約14km 、累積標高差:約1300m

DSC_0063_500.jpg
日越峠上から見る貝月山

DSC_0065_500.jpg
ブンゲンを振り返る

1 2