お知らせ

2020-07-10 11:22:00


昨日は秋の講習登山へ向けた場所選びのため、県境の山へ出かけてきました。

たいへん蒸し暑く、地面は雨でぐちょぐちょ。この時期の一部地域ではごくごく普通のことですが、やはり活発だったのがヤマビル。2時間ほどの山中徘徊で大小あわせて10匹見つけて退治しました。吸いつかれたのは1匹、まだまだ序の口。

DSC_0304_640.jpg

長年過ごした東北地方には全くいないため、こちらへ来た当初はおぞましさのあまりちょっと山に行く気力が萎えかけたこともありました。関西暮らしも丸4年になりだいぶ慣れましたが、やはり気持ちの良いものではないですね・・・。

ただ、いくら見た目が悪いとはいえ他の吸血生物や有毒生物と比べたらほとんど害のない存在といって良いのは確か。出血がじわじわ続くのとちょっと痒みが残るぐらい。ダニのように致死的な病原体をうつすわけでもなく、ハチのような毒針があるわけでもなく。


ヤマビルは言わば吸血ナメクジ(やたら動きの速い)。忌避剤のスプレーももちろん有効ですが、衣服の隙間をなくし肌を露出しないことで被害はかなり防げます。もし吸いつかれても濃い塩水か消毒用アルコールをかければ簡単に落ちます。吸血したヒルは塩などで必ず殺処分しましょう!