お知らせ

2020-09-02 14:48:00

DSCN0624_500.jpg

比良岳南面の中谷右俣へ行ってきました。1時間ちょっとで詰め上がることができ、短時間で涼みに行くのにちょうど良い沢です。

二俣までは荒れていて水量も少なくどうなることかと思いきや、右俣へ入ってからはまあまあ快適な遡行ができました。

特に難しい箇所はなく、小ゴルジュも水浴びしながら楽しく通過。670m二俣は左俣の立派な滝が気になりますが右へ。次の10m滝上の二俣を左へ入り、最後は崩れやすいガレガレのルンゼを詰めていけば縦走路です。

比良岳手前から大岩谷へ下りる廃道は倒木と崖崩れだらけになっているものの、沢登りの下山路として使うには十分な状態。大岩谷を堰堤まで下ってしまうとややこしくなるので早めに左岸の登山道に出ましょう。

少々訳あって翌日も同じ道を歩く羽目になりましたが、くれぐれも山を歩くときは常に注意を払わなければいけないと痛感した次第です。(-Д-)

<大谷川 中谷右俣>
【技術度】上級-
【体力度】1.5
  歩行距離:約5km 、累積標高差:約650m

DSCN0625_500.jpg
小ゴルジュ

DSC_0066_500.jpg
とにかく暑かった!

DSC_0062s_500.jpg
アオガエル。モリアオかシュレーゲルか判別できず

2020-08-28 19:52:00

DSC_0078_500.jpg

いちばん好きな山・剱岳へ久しぶりに行ってきました。

5年前に若者たちを源治郎尾根に連れて行った時以来。ふと気になって登頂回数を数えなおしてみたら、おそらく今回で20回目。あれ?

30回以上だと思っていたけれど、よくよく考えたら源治郎Ⅰ峰とか八ッ峰とかチンネとか、山頂とは関係ないクライミングのルートも含んでのものでした。というわけでプロフィールも修正しました。

翌日は龍王岳と浄土山に登ってからテントを撤収、立山駅まで17年ぶりに長い長い旧登拝道を下山。これを全部通して登る日は果たして来るんだろうか・・・。(´Д`)

<雷鳥沢~別山乗越~クロユリのコル~剱岳往復>
【技術度】中級+
【体力度】3.5
  歩行距離:約11km 、累積標高差:約1100m

<雷鳥沢~龍王岳~弥陀ヶ原~美女平~立山駅>
【技術度】中級-(獅子ヶ鼻岩のみ。それ以外は初級)
【体力度】4
  歩行距離:約28km 、累積標高差:約1000m

DSC_0084_500.jpg
剱岳本峰南壁。左端が一般登山ルートの別山尾根

DSC_0086_500.jpg
別山尾根

DSC_0091_500.jpg
山頂と立山方面

DSC_0102_500.jpg
立山と鹿島槍

DSC_0105_500.jpg
浄土山

DSC_0107_500.jpg
五色ヶ原

DSC_0118_500.jpg
弥陀ヶ原

2020-08-28 11:33:00

DSC_0070_500.jpg

白山のテント泊登山をガイドしてきました!

今回は初日が曇り空でしたが、翌日は朝から見事な快晴。遠く恵那山や御嶽山から北アルプスの山々まで見渡す絶景を満喫できました。

暑さと疲れがやや心配だったためお池巡りは無し。下界よりだいぶ涼しいとはいえ、砂防新道の下山ではかなり汗を搾り取られました。

線1.jpg

白山テント泊企画は土日については今年の分は終了していますが、平日であればご希望の日程でご案内いたします。(10月20日ごろまで可)

頑張れば日帰りできる山とはいえ、テントで1泊することでよりいっそう白山の魅力を味わうことができます。ぜひお気軽にご相談ください!

※ テントのレンタルは中止しております。装備は全てご自身でご用意いただくことになりますのでご了承ください。

DSC_0074_500.jpg
室堂と別山

DSC_0076_500.jpg
トンビ岩と御前峰

DSC_0062_500.jpg
一面のタカネマツムシソウ

2020-08-23 19:48:00

DSCF1196_500.jpg

山子さんとリトル比良・ヤケ山南面のタンヤマ谷へ行ってきました。

この沢を遡行するのは2回目。短い中に様々な要素が詰まっていて、沢登りの基本を身につけるには実に手頃な良い沢だと思います。前回は最後まで詰め上がりましたが、今回は出発が遅かったため標高450mから枝沢を詰めて登山道へ。

途中で小さい蜂に刺されまくるというアクシデントもありましたが(長い登山歴の中で初かも?)、ポイズンリムーバーのおかげで大事には至らず。やはり基本中の基本装備ですね。

<タンヤマ谷 標高450mまで>
【技術度】上級-
【体力度】1
  歩行距離:約4km 、累積標高差:約360m

DSCF1185_500.jpg
灼熱の砂漠からスタート

DSCF1202_500.jpg
だいぶ慣れてきた山子さん

DSCF1190_500.jpg
滝に打たれながら登る!

2020-08-21 08:46:00

DSCF1172_500.jpg

鈴鹿・神崎川支流の風越谷から瀬戸峠を越えてツメカリ谷へ行ってきました。

風越谷は滝が一つあるだけですが、赤坂谷の下降路としてよく使われるツメカリ谷はなかなかの美渓で遡行しても楽しい沢でした。

穏やかになったところで打ち切って左岸尾根を下るつもりが、結構なヤブだったため途中であきらめて白滝谷へ下降。

激下りからの登り返しと駐車場までの舗装路が長いし暑いし、少々ハードな行程だったものの山子さん頑張ってくれました!

<風越谷~ツメカリ谷 標高720mまで>
【技術度】上級-
【体力度】3
  歩行距離:約14km 、累積標高差:約750m

DSCF1179_500.jpg
初心者には要確保の箇所がいくつか

DSCF1170_500.jpg
神崎川の清流