お知らせ

2019-12-13 20:13:00


夕方に湖南市の十二坊(岩根山・405m)へ行ってきました。

岩瀬神社から山頂西側へ向かう舗装道を上がり、数ヶ所藪を漕いでショートカット。笠岩まで行く時間はなく山頂往復で往路を下山。紅葉は終わりぎみでしたが、ムラサキシキブの実が見事に色づいていました。

歩行距離 / 約7.5km
技術度    / 初級-
体力度  / 1.5

20191213_1727028_512.jpg
山頂から見る鈴鹿の山々(雨乞岳方面)

20191214_1728564_512.jpg
葉っぱ星人?

20191213_1727030_512.jpg

2019-12-07 18:35:00


京都府最高峰の皆子山(971m)へ行ってきました。

平バス停から東尾根コースを山頂までちょうど1時間。稜線にはうっすら雪が積もっていて、ようやく本格的な冬の訪れを実感できました。帰りは寺谷コースを下りましたが道はやや荒れ気味。不慣れな方は東尾根往復が無難でしょう。

歩行距離 / 約7km
技術度  / 初級(寺谷コースは中級-)
体力度  / 1.5

20191207_1718931_512.jpg
まるで花が咲いたみたい

20191207_1718930_512.jpg
クリスマスツリーと三上山

20191207_1718932_512.jpg
ようやく本格的な雪が降りました!武奈ヶ岳も真っ白です~。

20191207_1718933_512.jpg

2019-12-04 17:59:00


四日市市の宮妻峡から入道ヶ岳~鎌ヶ岳の周回コースを歩いてきました。イワクラ尾根と鎌尾根の継続は高山の縦走を目指す方にとっては手頃な練習になるでしょう。

歩行距離 / 約10km
技術度  / 中級-
体力度  / 3

20191204_1714616_512.jpg
入道ヶ岳山頂。三重県側はきれいに晴れて伊勢湾が見渡せました

20191204_1714617_512.jpg
鎌尾根と鎌ヶ岳

20191204_1714620_512.jpg
日陰にはちょっぴり雪が

20191204_1714621_512.jpg
鎌ヶ岳。バックは御在所岳

20191204_1714622_512.jpg
入道ヶ岳と伊勢湾方面

2019-11-28 19:29:00


午後の僅かな時間で湖南市の阿星山へ行ってきました。冷たい強風が吹き付けるなか、標高差260mのちょこっとハイキング。

20191128_1706528_512.jpg
信楽のたぬきがお出迎え

20191128_1706529_512.jpg
良い感じの紅葉でしたが曇り空でぱっとせず

20191128_1706530_512.jpg
三上山。琵琶湖の向こうの山々は雪降ったかな?

20191128_1706531_512.jpg
本日はけものさん登場せず

2019-11-25 10:02:00


私は2016年の夏に東北地方から滋賀県に引っ越してきました。以前からクライミングをするために時おり訪れてはいましたが、正直そのころ目に入っていたものといえば岩と琵琶湖だけ。

それでも、のどかで広々とした風景にはいつか(老後にでも)暮らしてみたいと思わせる魅力が確かにありました。
縁あってこちらへ移住し、登山ツアーの引率もしていくうちにこの地が持つポテンシャルにどんどん惹かれていきました。

200707140631-5f0402d7bbd57_l.jpg

東北の山々とは全く違ってほぼ里山の雰囲気ではあるものの、比良山地や鈴鹿山脈なら季節とコースによっては険しさ厳しさを求めることもできる。福井県境あたりでは雪国特有の植生など東北の山に近い雰囲気を味わえる。

真夏以外は低山で様々な遊びやトレーニングができるし、暑い時期は岐阜か長野まで足を延ばせば快適な高山歩きが楽しめる。自転車ツーリングやキャンプなどのアウトドア系レクリエーションと、寺社や史跡を巡る歴史探訪を組み合わせてみるのも面白い。


なにより京都・大阪・名古屋などの大都市圏からも訪れやすい。遠いところから登山ツアーに参加してくださる方の反応も良く、ぜひこの滋賀県で自分のやりたいことを実現したいと思うようになりました。

それは「自分自身の頭で考え、行動する登山者を育てる」こと。

200707140438-5f04026638c71_l.jpg

東北にいた頃から登山ツアーを通じて、あるいは職場の仲間たちを相手に実践してきた数々の登山教室。はじめは危なっかしい様子でも回を重ねるごとにどんどん逞しくなり、いつの間にか自力で厳しい山へ向かっていくようになるのをたくさん見守ってきました。

「マウンテンガイド フォレストノーツ」では、私自身が長年かけて積み上げてきた知識と経験をもとに皆様のステップアップを精一杯お手伝いいたします。目標はあくまでも参加者お一人お一人が自立した登山者になって頂くこと。そのうえでなお永続的にツアーに参加して頂けるようならこれ以上の喜びはありません。


FOREST NOTES(フォレストノーツ) = 森の音、森の声。

母なる湖と近江の山々が、豊かな自然とともに皆様をお待ちしております。


20191225_1744155_512.jpg

1 2 3 4 5 6