お知らせ

2021-03-21 22:12:00

ウェブサイトのメンテナンスが完了しましたので、お申込み受付を再開いたします。

メニューの「プラン一覧」を「通常プラン」と「オーダープラン」に分け、カレンダーと予約フォーム、ご利用ガイドも大幅に変更。オーダープランのページは今後もっと充実させてまいります。

全体的に若干シンプルさが損なわれましたが、よりお申込みやすくなったのではないかと。お客様のご意見を伺いながら更なる改善も図りたいと思います。

今日は大雨のため、岐阜県の【地図読み登山 基礎編】が延期(4月4日)になりました。代わりに11時間ぶっ続けのPC作業でさすがに限界。また明日以降ということで・・・。(+д+)

2021-03-07 22:48:00

P3070043_500.jpg

武奈ヶ岳にて雪山初級テント泊をご案内いたしました。積雪はほぼ皆無でしたが、タイミングよく軽く寒気が入り込んでくれたおかげで一面のきれいな樹氷を見ることができました。

2日前まで微妙な天気予報でしたが、ばっちり読み通りの好転。お馴染みのお客様もお楽しみいただけたようで何よりです!

線1.jpg

今まで分かったような分からないようなままでなんとなく使っていた「樹氷」という言葉について改めて調べてみたところ、なんと昨年になって意外な新事実が判明していたとのこと。

毎日新聞の記事 →
https://mainichi.jp/articles/20200117/ddl/k06/040/032000c
ウィキベディア「着氷」→
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%80%E6%B0%B7
ウィキベディア「霧氷」→
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7%E6%B0%B7


つまり着氷現象の中に「霧氷」「雨氷(透明なもの)」があり、霧氷は「樹氷(白色のもの)」「粗氷(半透明のもの)」「樹霜(水蒸気の昇華によるもの)」に分けられ、現在樹氷と呼ばれる現象は本来「凝霜」と呼ばれるはずだったそうで。

明らかに霜であって氷ではないのになぜ「樹氷」なのか、ずっともやもやしていた疑問。ようやく謎が解けました~(゜∀゜)

P3070013_500.jpg
ぼんやり日の出

P3070034_500.jpg
釈迦岳と琵琶湖方面

P3070053_500.jpg
霜が降りたテント場

2021-02-19 18:55:00

P2180002_500.jpg

お客様のご要望にお応えして、オーダープランで音羽山をご案内いたしました。膳所駅から歩きだして尾根道を周回する展望抜群のこのコースは、いつでも人が少なく静かな山歩きが楽しめます。

テント泊に向けてのトレーニングということで10kgほどのザックを背負っていただき、約11kmのやや長めのコース。お見受けしたところしっかりと歩けていたようですので大丈夫でしょう!

line_1028582437429939s_500.jpg
重い荷物での急登!

P2180005_500.jpg
御霊殿池

2021-02-06 09:15:00

P1090019_500.jpg

先週末の寒気も期待したほど大したことはなく、あいかわらず気温は上昇傾向。伊吹や霊仙では少し積もったものの、比良の積雪は最早ほぼ皆無です・・・。(-_-;)

というわけで2月のイベント予定を大幅に変更。ヤケ山の代わりにマキノ高原、釈迦岳や高室山の代わりに伊吹山での講習登山を企画しなおしてアップいたしました。

毎度のことながら雪山イベントの日程を考えるのは本当に悩ましいもの。来年は「1~2月中は絶対に雪のある山」で山頂を目指さずに中腹で行う技術講習と、お客様のご希望に合わせた個人ガイドプランを中心に考えていこうと思います。

とりあえず今年分はマキノ高原と伊吹山が技術講習登山に相当します。ご自身の道具をお持ちいただければ、アイゼン以外の冬山ギアについてもあらゆるご質問にお答えいたします!

line_710003543165118_500.jpg

2021-02-04 09:15:00

DSC_0009_500.jpg

冬山経験の少ない若者からの個人ガイド依頼があり、雪上訓練を伊吹山にて行いました。

雪上訓練は略して「雪訓(せっくん)」と呼ばれます。年末年始で大量に降った雪がだいぶ融けて固まった上に昨日からの新雪が10~20cm、道具の使い方や歩き方の練習をするにはちょうど良いコンディションでした。

晴れていればわりと気軽に登れてしまう標高1400m程度の伊吹山でも、ちょっと天候が荒れれば本格的な冬山の厳しさを味わうことができます。6合目避難小屋より上へ行くならくれぐれも冬山完全装備を用意しましょう!

DSC_0015_500.jpg
気がついたら日没直前

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...