お知らせ

2020-11-15 19:07:00

PB150003_500.jpg

今日はお客様のご要望で、鈴鹿の最高峰・御池岳(1247m)をご案内してきました。

東近江市選定「鈴鹿10座」コンプリートを目指すお二人ですが、東近江市側の登山道はやや厳しいため無難に鞍掛峠からコグルミ谷への周回コース。

風が冷たかったものの天気は申し分なかったので、ボタンブチと奥の平をぐるっと一回りしてから下山。登山用具の使い方や歩き方、トレーニング方法などもレクチャーさせていただきました。

<鞍掛峠~御池岳~奥の平~コグルミ谷>
【技術度】初級
【体力度】3

マウンテンガイド フォレストノーツでは、行ってみたい山や歩いてみたいコースなどお客様のご要望に合わせたオーダープランを随時承ります。イベント予定ありの日であっても、お問い合わせいただいた時点で予約が入っていなければオーダープランを優先いたしますのでお気軽にご相談ください!

PB150006_500.jpg
コケが色鮮やか

PB150008_500.jpg
元池と御池岳

2020-11-14 19:12:00

PB140006_500.jpg

今日は快晴のもと、小谷山をご案内いたしました。滋賀県が大好きでしょっちゅう遊びに訪れてくださっているというご夫婦に、靴紐の結び方からバックパックの背負い方、歩き方の基本、山でのマナーや注意点などについて丁寧にレクチャーさせていただきました。

当ウェブサイトを熟読していらっしゃるとのことで、とても有り難く励みになります。ツアー登山で登らせてもらうのではなく、自分で考えて行動する登山を目指して頂きたいという当ガイドの心意気を感じ取って頂ければ幸いです。

マウンテンガイド フォレストノーツでは、滋賀県の魅力にはまった東北育ちの登山ガイドが滋賀県内と近隣の山々をご案内いたします。これから登山を始めたい方もステップアップを目指す方もきっとご満足いただける内容となっておりますので、ぜひお気軽にお申込みください!

PB140002_500.jpg
紅葉も見頃でした

2020-11-13 21:17:00

PB110027_500.jpg

今週は音羽山・藤原岳・御池岳・鎌ヶ岳へ下見登山へ行ってきました。

いずれも紅葉真っ盛り。素晴らしい天気が続きましたが、御池岳は山頂で軽く吹雪になるほどの寒さでした。積雪まではまだ時間がありそうですが、季節は着々と冬へ向かって突き進んでいるようです。

800m以上では既に葉が散り、現在は500mあたりが見ごろになっています。来週以降は里もいよいよ紅葉シーズン入りですね~。

PB120093_500.jpg
鎌ヶ岳東面

DSC_0055_500.jpg
鎌ヶ岳から見る雲母峰

PB080044_500.jpg
音羽山

2020-10-16 07:24:00

メールマガジン第2号を配信いたしました。今週下見で歩いた逢坂山~大文字山の縦走と養老山地南端の縦走を簡単にご紹介しています。次回配信までにご登録いただいた方には第2号よりお届けいたします!

さて、今週はたいへんお天気が良く5日間連続で下見登山へ行っておりました。おかげでウェブサイトの更新が全く進みませんでしたが、今日はさすがに骨休めの在宅仕事。

【今週歩いたところ】

・奥余野森林公園~油日岳周回(三重県)
・逢坂山~長等山~如意ヶ岳~大文字山(滋賀県~京都府)
・津屋登山口~養老山~養老公園~東海自然歩道(岐阜県)
・石津御嶽~多度山(岐阜県~三重県)
・荒谷~日野山(福井県)

2日間かけて養老山周辺をいろいろと見て回りました。石津御嶽から多度山までの稜線は眺めが抜群で、ぜひ天気が良いときに訪れていただきたいおすすめコース。来年は多度山で講習登山を開催したいと考え中です。

PA140010_500.jpg
養老山地から木曽三川を一望


日野山(794m)は北陸道を走っているといつも気になる存在感のある山。今回は北側の荒谷コースを往復しました。紅葉の見頃はもうちょっと先ですかね~。

DSC_0101_500.jpg
山頂直下から越前市方面の眺め

2020-10-08 18:09:00

DSC_0071_500.jpg

今週は高島市の大谷山(814m)と、岐阜県境のブンゲン(射能山・1260m)へ下見登山に行ってきました。

大谷山は石庭から眺望コースを上がり、寒風を通って西山林道へ下りて緑が池まで。良い感じに晴れ、山頂のすすき野原も強い風に大きく揺れながら輝いておりました。こういうシーンを動画で撮っておくとインスタ向けなんだろうな~。

・・・と、帰ってから思いついたのでした!(-Д-)

<石庭~大谷山~寒風~緑が池>
【技術度】初級
【体力度】3
  歩行距離:約8km 、累積標高差:約900m

DSC_0076_500.jpg

線1.jpg

次の日はどんより曇り空のもと、ブンゲンから虎子山へと続く長い尾根歩きへ。滋賀県側だと登山口と下山口の移動が大変なので、今回は岐阜県側から自転車を使った周回コース。体力と地図読みに自信があり野生動物への対策完備の方限定ですね。

品又林道をしばらく入ったところに自転車を置き、東谷を遡って日越峠へ。辛うじて昔の峠道は残っているものの標高850mあたりから950mあたりまではよく分からず。沢もあちこち分岐して、間違えるとややこしいことになるので要注意。

日越峠からブンゲン・虎子山を通って国見峠まではほぼ刈払いされていますが、もし刈払いされていなければまさに地獄としか言いようのないヤブ山に違いありません。奥伊吹スキー場上1226m標高点の東側300mほどの区間のみ要ヤブ漕ぎ。

出発が遅くなってしまい久しぶりのヘッデン歩きになるかと覚悟していましたが、意外に早く下山完了。紅葉はまだまだこれからですが、風の冷たさに秋の深まりを感じる1日でした。

<品又林道~日越峠~ブンゲン~虎子山~国見岳スキー場下>
【技術度】中級-
【体力度】4
  歩行距離:約14km 、累積標高差:約1300m

DSC_0063_500.jpg
日越峠上から見る貝月山

DSC_0065_500.jpg
ブンゲンを振り返る

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...