お知らせ

2020-08-13 08:46:00

DSC_0054_500.jpg

ようやく今年初の沢歩きに行ってきました。

葛川中村橋から林道終点まで歩いて江賀谷左俣へ。思ったほど荒れておらず水もきれいで実に快適、沢登り体験に手頃なコースです。

8mぐらいの滝を一箇所巻くだけであとは特に問題ないものの、初心者や小柄な方には数回お助け紐が必要になるでしょう。

帰りは八丁平から二ノ谷を通り足尾谷を下降、ツボクリ谷出合から下は登山道がありますが若干荒れ気味です。

<江賀谷左俣~八丁平~足尾谷>
【技術度】上級-
【体力度】2.5
  歩行距離:約12km 、累積標高差:約500m

DSC_0051_500.jpg
蛙さん瞑想中

DSC_0057_500.jpg
この滝は右岸から巻き

2020-08-06 21:28:00

DSC_0073_500.jpg

白山のガイド登山のあとは立山方面へ下見登山に行ってきました。絶好の天気のもと文句なしの景色を堪能。いつでもこうだと良いんですけどね。

連休中の天気は前線の動きが全く読めず、予報も目まぐるしく変化しています。大雨の可能性もあるため、テント2泊企画は悩みに悩んだ末に延期しました。

果たしてこれが正解だったのかどうかはまだ分かりませんが、少しでも良い条件のときに安心して楽しんでいただくことが何より大事かと思います。

それにしても、このたびはガイド自身だけでこの絶景を満喫してしまい誠に恐縮です・・・。
(-_-;)

DSC_0079_500.jpg
別山から白馬岳・鹿島槍方面

DSC_0080_500.jpg
雷鳥平から見る立山

DSCF1089_500.jpg
奥大日岳への途中から見る剱岳

DSCF1099_500.jpg
雷鳥と弥陀ヶ原

DSCF1116_500.jpg
別山北峰から見る剱岳

DSCF1074_500.jpg
イワイチョウ

2020-08-06 12:39:00

DSC_0034_500.jpg

白山のテント泊登山をガイドしてきました!

7月末に予定していたものの大雨で延期になった企画ですが、結果的には大正解。2日目はやや崩れたものの初日はまずまずの好天でした。

市ノ瀬まで白山禅定道を下るのはさすがにやりすぎかと思い直し、別当出合からの周回コースへ変更。まあこれぐらいがちょうど良いですね。

南竜ヶ馬場でのテント泊はやはり最高。今度は別山~チブリ尾根などもやってみようと思います。

<砂防新道~南竜ヶ馬場~白山御前峰~お池巡り~南竜ヶ馬場~観光新道>
【技術度】初級
【体力度】4
  歩行距離:1日目約13km / 2日目約7km、
  累積標高差:1日目約1500m / 2日目約300m

DSC_0012_500.jpg
カライトソウ

DSC_0017_500.jpg
ハクサンフウロ

DSC_0060_500.jpg
イワオトギリ

DSC_0058_500.jpg
タカネマツムシソウ

DSC_0043_500.jpg
別山と南竜ヶ馬場

2020-07-23 19:09:00


荒島岳と白山の別山へ行ってきました。

荒島岳は勝原コース~新下山コース。新下山コースの下りは岩場と急斜面の連続で気が抜けません。他の登山者とすれ違うことはさほど多くないかと思いますが、落石と転落には要注意!

DSC_0005_640.jpg
大野市街から見る荒島岳

DSC_0028_640.jpg
新下山コースはこんな急斜面の連続

DSC_0032_640.jpg

越前下山駅にはトイレも水道も自販機も何もないのでご注意。駐車場も狭いため車は勝原登山口に止めたほうが良いでしょう。

越美北線を使って周回するなら逆コースの方が無難。勝原には上記全てに加え無料でキャンプできる広場もあります。

<勝原~荒島岳~越前下山>
【技術度】中級-
【体力度】3.5
  歩行距離:約9km、累積標高差:約1200m

線1.jpg

翌日は市ノ瀬からチブリ尾根を登り別山へ。南竜ヶ馬場から黒ボコ岩へ登り返して白山禅定道を市ノ瀬まで。2日連続のきつい下りで、最後はさすがに足が悲鳴を上げかけました。

天気はいまいちでしたが花は真っ盛り。色とりどりの高山植物が咲き競う姿はやはりこの時期ならではの光景です。

<チブリ尾根~別山~南竜ヶ馬場~白山禅定道>
【技術度】初級
【体力度】5
  歩行距離:約22km、累積標高差:約2000m

DSC_0060_640.jpg
南竜ヶ馬場

DSC_0073_640.jpg
ニッコウキスゲ、テガタチドリ、ハクサンフウロ

DSC_0080_640.jpg
タカネナデシコ

2020-07-10 11:22:00


昨日は秋の講習登山へ向けた場所選びのため、県境の山へ出かけてきました。

たいへん蒸し暑く、地面は雨でぐちょぐちょ。この時期の一部地域ではごくごく普通のことですが、やはり活発だったのがヤマビル。2時間ほどの山中徘徊で大小あわせて10匹見つけて退治しました。吸いつかれたのは1匹、まだまだ序の口。

DSC_0304_640.jpg

長年過ごした東北地方には全くいないため、こちらへ来た当初はおぞましさのあまりちょっと山に行く気力が萎えかけたこともありました。関西暮らしも丸4年になりだいぶ慣れましたが、やはり気持ちの良いものではないですね・・・。

ただ、いくら見た目が悪いとはいえ他の吸血生物や有毒生物と比べたらほとんど害のない存在といって良いのは確か。出血がじわじわ続くのとちょっと痒みが残るぐらい。ダニのように致死的な病原体をうつすわけでもなく、ハチのような毒針があるわけでもなく。


ヤマビルは言わば吸血ナメクジ(やたら動きの速い)。忌避剤のスプレーももちろん有効ですが、衣服の隙間をなくし肌を露出しないことで被害はかなり防げます。もし吸いつかれても濃い塩水か消毒用アルコールをかければ簡単に落ちます。吸血したヒルは塩などで必ず殺処分しましょう!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...